音声ガイド制作講座・サークル活動


【音声ガイドとは】

“面白い!”“悲しい!”“考えさせられた!”“心を揺さぶられた!”
映画を観た後、テレビを観た後、そんな想いを誰かと分かち合いたくなることはありませんか? その分かち合いの仲間に視覚障害のある人もいて、感想を共有できたら、心の視野も広がるかもしれません。
そんな仲間づくりのツールとして映像を言葉に置き換える、つまりビジュアル世界と視覚障害者の橋渡しができるのが「音声ガイド」です。

ウイズタイムハウスが音声ガイド制作講座を始めた理由

2019年、一般社団法人ウイズタイムハウスの1周年記念イベントとして「ヨコハマメリー」という映画を上映しました。
その際に、既存の音声ガイドを 映画につける方法を美月めぐみさん、鈴木橙輔さんに教えていただきました。
その経験から、私たちの住む練馬区という地域で、自分たちの手で、上映したい 映画に音声ガイドを作り、つけるという活動をしていきたいという思いが高まりました。
そして、2020年度の福祉医療機構・社会福祉振興助成を受けて、今年度の一連の講座を実現することができました。

音声ガイド制作講座

〈2020年度〉10月~12月実施
初めての音声ガイド制作へのチャレンジでは、劇映画が取り組みやすいとの講師のアドバイスを受け、「子どもたちをよろしく」という劇映画を題材としました。


また視覚障害のある人とまちを歩いて誘導の体験をする講座も行いました。



また、受講生で練馬区の「つながるフェスタ」オンライン動画へのライブ音声ガイドにもチャレンジしました。

2020年度事業報告 

PDFの冊子版
https://withtimehouse.org/onseigaidohoukoku.pdf
テキストデータ版
https://withtimehouse.org/onseigaidohoukoku.txt

〈2021年度〉5月~10月実施
2年目のとりくみとして、ドキュメンタリー映画への挑戦をしようと、「見世物小屋」を題材としています。

サークル活動・ウイズタイムボイス

音声ガイド制作講座を受講した人を中心に、活動を継続していくためのサークル「ウイズタイムボイス」を2021年度に立ち上げ予定です。
作品の選定や他団体との交流、まちあるきをはじめとする視覚障害者との交流や幅広いアクセシビリティ保障の活動をしていきます。
本事業は2020年度、2021年度福祉医療機構助成事業です。